ボディー形状が決まりました。

 ボディーのアウトラインが決まりました。

下の絵のオレンジのラインが、オリジナル・ウクレレのボディーラインになります。全体的にふっくらとした、感じのデザインです。

 

ウクレレのボディー形状はとても豊富で、マーチンみたいな一般的な形や、ギターのようなドレッドノート、パイナップル型、ひょうたん型、エレキ・ギターのようにトゲトゲしたものまであり、どんな形にしても許されてしまうのでは?と思うほどに沢山あって、遊び心満載です。その許容範囲の広さがとても好きです。

 

Tritoneギター・ウクレレ教室の高橋先生から、最初のモデルだから奇抜なデザインは止めて普通の形状にした方がいいよ。と言われていた事もあり、「奇抜」なデザインは避けたつもりですがいかがでしょうか?

でも、せっかく作るのですから自分の中の理想に近いものを作って見たい。と思いませんか?そこは妥協しちゃいけない!と思い、デザインや仕様を決めました(実際には予算や売価等、制約の範囲で決めなければいけませんでしたが・・・)

高橋先生にデザインや仕様を報告後、ウクレレの予約を頂きましたので、先生の許容範囲だったと理解しています。

 

自画自賛ですが、材料にヘッドデザイン、ボディー形状とここまで見ただけでも私の頭の中では、いきなり現状の100点満点が出来てしまうのでは?と思うくらいに期待が膨らんでいます。出来上がったウクレレの音を聴くのがとても楽しみです。